国家级嘉兴经济技术开发区 嘉兴国际商务区
今日は
    

嘉興経済技術開発区が嘉興市内に位置して、代表的な都市系開発区です。1992年8月に成立しました。浙江省政府の許可を取った最初の省級経済技術開発区となります。2010年3月には国務院の指示のもとで、国家級経済技術開発区に進級します。嘉興国際ビジネス区が2010年1月に設立して、計画面積が40平方キロメートルです。沪杭高速鉄道の発展にしたがって、開発区と合併しました。現在では、開発区と国際ビジネス区の計画面積が合わせて110平方キロメートルに達して、管轄区域が町南、嘉北、塘汇、長水四つの町となって、総人口が28万を超えます。2010年6月、開発区と国際ビジネス区からなった嘉興現代サービス業集約区が浙江省政府の許可を取って、全省14つ産業発展プラットフォームの一になって、開発区や国際ビジネス区と合併して事務をとりました。

嘉興経済技術開発区が嘉興市内に位置して、先端製造業、現代サービス業や都市化発展の主なプラットフォームです。上海、江蘇、浙江三省(市)に接して、東北方向から上海へ90キロメートルが離れて、西南方向から杭州へ90キロメートルで、北から蘇州へ70キロメートルで、東南から嘉興港へ40キロメートルが離れています。嘉興が地理位置に恵まれて、中国で一番活躍した長江デルタと東沿海経済地帯の中心にあります。

開発区が設立以来が20年も経ちました。市委、市政府の指導のもとで、国際ビジネス区が優れた発展を収めて、嘉興市内経済社会の発展に積極的な影響を与えます。2013年末まで、韓日、欧米、香港やマカオや台湾など約30国と地域にあるあわせて500社外国投資企業を導入しました。契約で外国資金45.9億ドルを利用して、実際に26.8億ドルが揃って、その中に、投資規模が千万ドルを超える項目が167件、一億を超える大項目が10件、世界トップ企業500を13社に引き付けられます。自動車部品、精密機械...

嘉興経済技術開発区にとして、投資導入が三つのフォーラムに分けられます、それぞれの部分が手分けして協力します。
嘉興経済技術開発区(国際ビジネス区)が嘉興市都心にとって重要な部分で、市内での優れた人力資源に恵まれます。
  • 工業用地、経営性用地の価格がまわりの同級都市より低い。
  • 工場、ビジネスビルは借り賃が低いので、同級都市に競争力があります。
  • 開発区が工業発展資金によって、重要な投資項目を奨励します。
  • 企業の財政貢献によって、工業発展資金を奨励します。
  • 科学技術の革新や省エネ、環境保護など項目にとしての専門資金を設立して、奨励します。
 
関連サイト
開発区について | ニュースセンター | 投資環境 | 誘致政策 | 投資項目 | サービスマニュアル | 企業の家 | お問い合わせ